2009年2月15日日曜日

蒲郡ムーンライトレース 阿波勝哉 最終日 一般戦



全ジャンル一覧
宿泊施設一覧
ランキング市場
書籍売上ランキング


経口補水塩( ORS )の推奨

下痢、嘔吐、発熱といった症状は、これが長期間に及んだりあるいは頻度が高くなった場合には脱水症状を引き起こし、小児や老人では死に至る事もある。これに対して、病院では主に点滴による水分補給が行われるが、手技の簡便さから経口補水塩による治療が普及しつつある。特に発展途上国などでは感染症などに起因する脱水症状発症の危険性が高く、また十分な医療設備がないことから点滴治療が困難な場合がある。このため、WHOやUNICEFは経口補水塩の配布を行い、発症初期での補水治療に関する啓発活動を進めている。先進国においても、特に乳幼児に対して点滴を長時間行うことは困難であり、経口補水塩による水分補給が望ましい。

0 件のコメント: